HOME>トピックス>超音波エコーや内診などの検査を行っています

目次

妊娠がわかったら、定期健診を受けたい

妊娠すると生理が止まったり、微熱や悪阻などが見られるようになります。2週間以上体調が優れない時は、産婦人科のクリニックを受診する必要があります。川崎の産婦人科クリニックは、経験豊富な医療スタッフが在籍をしているので、通院しやすい環境が整っています。事前に電話で予約をして、健康保険証を持参して下さい。川崎の産婦人科クリニックでは、尿検査や内診などの検査をすることで、診断が付くことが多いです。妊娠がわかったら、母子健康手帳を発行してもらい、定期的に検診を受けることが大事です。胎児が順調に成長しているか、確認をするために必ず受診しましょう。

流産を防ぐための指導をしてくれます

妊娠を経験すると、大きな喜びを感じる人が多いですが、流産や不育症などが心配な人が少なくありません。川崎の産婦人科クリニックでは、超音波エコーなどの医療機器や内診などを行います。流産を防ぐためには、十分な休息や睡眠を取り、過度なストレスを溜めないことが大事です。川崎の産婦人科クリニックでは、食生活や生活習慣を改善するための指導を行っています。妊娠中期に入ると、流産のリスクが下がりますし、悪阻も落ち着いてきて、体の調子が良くなってきます。分娩や子育てに関する悩みを相談しやすいです。

広告募集中